fbpx
これから起業したい主婦のための【個別相談】のご案内

『お客さまから選ばれる文章力養成講座』について

こんにちは^^市川えり(@shinonome_LP )です。

個人事業主はブログや執筆で自分の専門分野の記事を書く機会が多くありますよね。

専門分野の記事を発信する立場ならば徹底して読者目線で書くというのは当然のこと。

拙ブログはおかげさまでいろいろな方から

「とても読みやすくてわかりやすいです!」

「知りたい情報を読者の目線までぐっと近づいて書いてくれていて、信頼できそうな人だなぁと思ってセミナーに申し込みました」

というありがたい言葉をよくいただきます。

この記事ではわたしの経験や方法をまとめた文章力養成講座を作るに至った経緯について少しお話しさせていただきます。

文章は『形』を覚えればある程度書けるようになる

わたしは合気道・剣道と共に有段者なのですが、武道ではまず最初に『形』という基本動作を徹底的に体に叩き込むことから始まります。

まずは何度も何度も同じ動作を繰り返し、癖を修正して、師匠の教えを守る。

そして完全に身につけた後は少しずつ自分なりの技や動きを編みだしていく。

そして最終的には師匠の下を離れて自分だけの形を追求していく。

武道の世界では『守破離(しゅはり)』という言葉で表現される考え方です。

実は文章力も同じ。読みやすい文章を書くのは才能でも何でもなく、まず『形』を知ることが大事だと思っています。

 

自分語りが苦手なわたしの告白

わたしは自分の内面や気持ちを語る文章が非常に苦手です。

その反面、誰かに何かをわかりやすく伝える文章は抵抗なく書けます。

これ、実は生き方に通じているんです。

小さい頃から親の顔色を伺いながら生きてきました。

相手の気持ちを考えすぎてしまうあまりに、自分のことをないがしろにしてしまうのです。

自己開示ほど恐ろしく、自分を傷つけるものはないのだと…。

目指しているのは『読みやすくわかりやすい文章』

一時期、いわゆる『子宮系」とカテゴライズされる人のブログを読んでいました。

極貧のシングルマザーだったその人は、ブログに自分の経験や感情を赤裸々につづって瞬く間に読者の心を鷲掴みにし、今では年商1億の会社を経営されています。

当時似たような状況下にあったわたしは昼夜を問わず夢中になって読んだものです。

それはさながら非力なキャラクターが経験を積んでラスボスを倒すRPG(ロールプレイングゲーム)をプレイしているような感覚でした。

自分のことを臆することなく表現すると、良きにつけ悪しきにつけ時として大きなムーブメントを巻き起こします。

ブロガーと呼ばれる職業の人たちは自分の経験や感情、時には批判や生活を開示し、そのムーブメントを起こすことを意図して発信しています。

ですがわたしは地道にコツコツと、ひとつずつ丁寧に信頼を積み上げる文章を書くことを目指しています。

そうやって『他者目線』でブログや執筆を続けるうちに、それを喜んでくれる人がたくさん現れました。

書くことで救われました。誰かの役に立てることほど嬉しいことはありません。

自分が欠点だと思っていたことは、実は大きな強みだったのです。

派手さやカリスマ性はなくとも、自分の持つ知識と経験を必要とする人に丁寧に届けることがこのブログの存在意義だと思っています。

同じ思いをしている人に向けた文章力講座

7月12日に開催する『お客さまから選ばれる文章力養成講座』はただ文章の書き方をレクチャーするだけのテクニカルな講座ではありません。

地道にコツコツと、ひとつずつ丁寧に信頼を積み上げる文章を書くことを目指します。

派手さやカリスマ性はなくとも、自分の持つ知識と経験を必要とする人に丁寧に届ける。

仕事とお客さま、そして自分と徹底的に向き合うワークを交えて『お客さまに伝わる文章』と『仕事につながる文章』の書き方を学べる内容となっています。

よろしければご参加ください。

018年7月12日開催『お客さまから選ばれる文章力養成』