fbpx
2018年12月4日(火)開催☆【税理士から直接学べる!はじめての人のための確定申告セミナー】 のお知らせ

お礼・プレゼント・贈答品は経費で落とせる?

お礼プレゼントは経費で落とせる?

  • サロンに来てくださったお客さまに出すお茶やお菓子。
  • 仕事を手伝ってくれた仲間に渡すお礼の品。
  • 取引先の人や関係者に感謝の気持ちで贈り物をした。

個人事業主として様々な人と関わると、プレゼントする機会も増えてきます。

では、この時の費用は経費として計上できるでしょうか?

そしてどのように計上すればよいでしょうか?

以下にまとめてみました。

誕生日・クリスマス・バレンタインなど、贈り物はどこまで経費になるのか?

たとえば女性の個人事業主の方は男女問わずとも取引先の人やお客さまにバレンタインの時期にチョコをプレゼントする機会があると思います。

このチョコレートの代金も事業に関係しているのであれば経費計上可能です。

基本的に『贈答品→人に関わる経費=接待交際費』の部類に区別されますが、渡す相手によって勘定科目が変わります。

渡す相手別の勘定科目の例

1.取引先の人→『接待交際費』

取引先=接待のイメージから(個人の見解です)

2.お客さま→『広告宣伝費』または『接待交際費』

接待交際費でもいいですが、「ご挨拶をかねて」という意味で広告宣伝費でもいいでしょう。

3.従業員全員に→『福利厚生費』

従業員さんを雇っている場合で、”全員に”がポイント。

金額や条件などの明確な規定を作っておくといいですね。

4.特定の従業員にだけ→現物支給の『給与』

従業員全員ではなく特定の人にだけ、というのは福利厚生費にはならず『給与』としてみなされます。

渡すモノ・金額・条件によっては所得税の課税対象になる場合があるので注意してください。

…まぁそれでなくても特定の人にだけチョコをあげるというのは職場の雰囲気を(いろんな意味で)複雑化させる原因になりますので控えた方がよろしいかと^^;

 まとめ

今回はバレンタインのチョコを例に挙げましたが、事業に関係することで誰かに物品をプレゼントしたり、お礼をする場合も同じように当てはめて勘定科目を設定してみてください。

勘定科目は接待交際費に限りませんが、設定したらコロコロ変えないように。

この時はこの勘定科目、という自分なりのルールを作りましょう。

ちなみにたとえ共同経営をしているといえども、夫や子どもや父親など家族にあげた場合はプライベートの支出となり、経費にできませんので注意してください。