fbpx
これから起業したい主婦のための【個別相談】のご案内

個人事業主が事業用の口座を持つべき2つのメリット

こんにちは^^市川えり(@shinonome_LP )です。

みなさん、個人事業のお金の管理、特に銀行口座ってどのようにしてますか?

どうしてもプライベートのお金と混ざってしまうのは個人事業主の宿命のようなもの。

だからといって放置しておいてはいろいろと弊害が出てしまいます。

この記事では個人事業主が事業専用口座を持つことの重要性について書いてみました。

よろしければ参考にしてください。

個人事業主になったら必ず準備したい事業用の銀行口座

開業届を出して個人事業主となったら、まず一番最初にするべきことがあります。

それは事業専用の銀行口座をつくること。

すでにもっている口座を事業用にしてもいいですし、新たに口座をつくってもオッケーです。

とにかくプライベートのお金と事業のお金をきっちり分けることからはじめます。

事業用口座を持つメリット

事業用口座をつくるメリットは2つ。

1.個人事業のお金の流れがすぐに分かる

帳簿をつける時に一番大変なことが何かご存知ですか?

それはプライベートと事業のお金をきっちりと分けることなんです。

個人事業主が開業届と青色申告承認申請書を提出して青色申告ができるようになると、帳簿上でこのプライベートと事業の分ける作業をしなくてはなりません。

この作業が本当に大変!

明細をみて『なんだっけ、これ?』という入出金があるのを経験した人は多いと思いますが、確定申告の時期にはこのなんだっけ?の謎をすべて解明しなくてはならないのです。

白色申告の人は青色申告の人ほど帳簿上で厳密に分ける必要がないのですが、やはり分けてあった方が絶対にいいです。

その点、プライベートと事業の口座が最初からきちんと分かれていれば労力はグッと減ります。

2.クラウド型会計ソフトとの連携で帳簿がさらにラクになる

いま会計ソフトの主流になりつつあるクラウド型会計ソフトは、事業用の講座をインターネットバンキング経由で連携すればあとはほぼ自動的に明細を取り込んでくれます。

確認してクリックをするだけで帳簿記帳が終わってしまうスグレモノ。

クラウド会計ソフトの導入を考えているなら、事業用口座を持つことは必要不可欠です。

3.ダイレクト(インターネットバンキング)契約することで時間を節約できる

クラウド会計ソフトの導入の際にも必要ですが、それ以外にもインターネットバンキングで

  • 入金確認
  • 残高照会
  • 振込・振替

なども自宅のパソコンやスマホでできるため、わざわざ銀行に出向いたりATMの行列に並ぶ手間が省けます。

時間が貴重な財産である個人事業主にはとても便利ですよ。

事業用口座のデメリット

デメリットは通帳が増えてかさばる、くらいでしょうか?

インターネットバンキングなら通帳自体がありません。

何かデメリットと呼べるものが見つかったらご報告します!

いくつも通帳を持つなんてメンドクサイ!そんなあなたへ

通帳をいくつも持つなんてかさばるし、作るのも面倒そう。

と思うかもしれませんね。

では、分けていない個人事業主のみなさん。

あなたのお宅の家計や帳簿はドンブリ勘定になっていませんか?

当たり前のことですが、事業で使ったお金は経費で落ちますが、家計で使ったお金は経費で落ちません。

同一の口座でこの両方を管理すると、事業の経費をひとつひとつ確認しながら分けるというさらに超絶メンドクサイ作業が待っています。

それが何ヶ月も続くともう経費の領収書や帳簿のすべてに拒否反応が起こります。

事業とプライベートの口座を区別することで帳簿にかかる労力をむしろ大幅にへらすことができるのです。

人間メンドクサイ作業はついつい後回しになります。

…この後はどうなるか、もうだいたい想像がつきますね。

なるべく早い段階で分けておきましょう。